松山大学司書・司書教諭課程
  Course for Librarian
    Matsuyama University
with NATURE

 

カウンタ

COUNTER94847

オンライン状況

オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人

発行元

790-8578
 松山市文京町4-2
 松山大学司書課程研究室
 Tel. 089-900-8340
 

国立国会図書館カレントアウェアネスポータルRSS

  • Springer Nature社の雑誌掲載論文へのORCID idを義務化するトライアルの結果(記事紹介)
  • LODチャレンジJapan 2017の受賞作品が発表:データセット部門最優秀賞は「小倉百人一首LOD」
  • 米・カリフォルニア大学サンディエゴ校図書館、米国の学生運動の記録の保存等に関する取組“Project STAND”に参加
  • カナダ研究図書館協会(CARL)、ケベック州の大学連合BCIと研究データ管理・電子情報保存に関する協力協定を締結
  • 筑波学院大学、附属図書館で期間限定のカフェを運営:食のビジネスモデルに関するプロジェクトの成果
  • 静岡市立中央図書館、地元高校出身の声優による閉館アナウンスを開始
  • スコットランド国立図書館(NLS)、ゲール語資料の収集・保存・活用に関する5か年計画“Gaelic Language Plan 2018-2023”の草案を公表
  • 国際図書館連盟(IFLA)、デジタル遺産の長期保存のためのガイドラインのフランス語・ドイツ語・アラビア語・リトアニア語・スペイン語版を公開
  • 英国図書館情報専門家協会(CILIP)、信頼できる情報を提供する専門家に関する世論調査の結果を発表
  • 小郡市立図書館(福岡県)、「ネコの日企画」を実施
  • 米・レファレンス・利用者サービス協会(RUSA)、優れたレファレンスソースや無料ウェブサイトを発表
  • 英国図書館(BL)、作曲家・グレインジャー氏が採録したイングランド地域の民俗音楽約350点をオンラインで公開
  • 奥州市立胆沢図書館(岩手県)、「猫ノ図書館」開館1周年記念イベントを開催
  • カンタベリー大学、ニュージーランド地震に関するデジタルアーカイブ“QuakeStudies”をリニューアル:機能の改善やCCライセンスの付与など
  • オーストリア科学財団(FWF)とオーストリア学術コンソーシアム、Wiley社と論文のOA化に関する3年間の契約を締結
  • Elsevier社、同社製品のアノテーション機能の相互運用性向上を目的に、アノテーションを普及促進する非営利団体Hypothesisと提携
  • Open Preservation Foundationに、英国国立公文書館(TNA)が加盟
  • 国立国語研究所、「北米における日本関連在外資料目録」を公開
  • 宮城県図書館、ミニ展示「あの日から7年 復興の姿とこれからの備え」を実施
  • 国際図書館連盟(IFLA)、聴覚障害者のための図書館サービスの事例を収集する調査を実施中

このサイトについて   Copyright(c) 2012. Course for Librarians, Matsuyama University. All rights reserved.